やきざかなののろい

絵本 やきざかなののろい ポプラ社 塚本やすし 絵本

どんなお話?

おさかなは、寿司は子供に人気なのに、
骨があるし苦いし、食べにくいので嫌われがち。

「ぼく」も焼き魚が嫌いです。
夕食に焼き魚が出ると、食べているふりをして
魚を食べ散らしてしまいます。

するとその夜、
「きらわないでくれ~ ちゃんと たべてくれ~」
と、焼き魚が姿を現します。
寝ても覚めても追いかけてくる、
しつこく追いかけられ、食べられそうにもなる。

これが「やきざかなののろい」なのか・・・

呪いとは

焼き魚の呪いとはどんなものか?
表紙の迫力から、色々な想像が駆け巡る。
カバーを広げると、とても美味しそうだけれど、
この魚に追いかけられるのは、恐怖です。
でも、怖いお話ではありません。

大きく言ったら「食育」的な部類に入りますが、
まじめなお話ではないです。
でも、読み終えた後、みんな呪いにかかって
焼き魚が食べたくなっちゃうと思います。

絵本 やきざかなののろい 塚本やすし
絵本 やきざかなののろい 塚本やすし

読み聞かせ

3歳くらいから楽しめると思います。
小学校高学年の子たちにもおすすめです。
自宅で読む場合の注意点は
<焼き魚を準備しておくこと>かな~

やきざかなののろい 塚本やすし
やきざかなののろい 塚本やすし

作品情報

やきざかなののろい ポプラ社
作:塚本やすし

created by Rinker
¥1,430 (2024/04/16 13:02:51時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント