お化けの冬ごもり

絵本 お化けの冬ごもり BL出版 川端誠 おばけ 一つ目小僧 ろくろっ首 絵本

どんなお話?

三つ目の大入道に一つ目小僧、ろくろっくび・・・
おなじみのお化けたちが過ごす冬の日の出来事。
寒いと思ったら、雪女や雪ん坊、雪童子たちがやってきます。
みんなで楽しく雪遊びを始めると、
大変大変!!
雪童子の目と口を落っことしてしまいます。

絵本 お化けの冬ごもり 川端 誠
雪童子
絵本 お化けの冬ごもり 川端 誠 雪童子

かまくらのなかで、つもるはなしをしながら
過ごしていると、雪がどんどん降り出してきて、
やってきたのは雪入道。
夜通し雪が降り続き、屋敷がすっぽり雪の中です。
春までとうぶん冬ごもり。

雪国の感じ

トンネルでつながるかまくらや、
たくさんのロウソクを灯した
小さなかまくらの幻想的な風景
雪国の地域は、こんな感じなのだろうか…と想像します。

寒いーと言って、こたつで丸くなっている大入道の姿や
火鉢でお餅を焼く一つ目。
ろくろっ首は特製のマフラーをしていて、
お化けたちの冬の過ごし方が身近に感じます。

こわくなく、楽しく読めるお化けの絵本

作品情報

絵本 お化けの冬ごもり 川端 誠
おばけ
絵本 お化けの冬ごもり 川端 

お化けの冬ごもり   BL出版

作・絵:川端誠

created by Rinker
¥1,540 (2024/07/15 20:40:23時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント